読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京へ

 

10日間ほど妻とともに東京で過ごしてきた。

東京にいる長女の第二子が11月25日に誕生した。
第一子の時は里帰り出産で出産前の通院から出産1ヶ月後の宮参りまでの約2ヶ月を実家で過ごした。我が家にとってはハードな2ヶ月だったが、今回は上の子が保育園へ通っていることもあって、長女が退院翌日の12月4日から14日までの滞在となった。娘夫婦の家は東京郊外にあって築4年の一戸建て住宅なので生活感のリズムとしては大差なく、落ち着いた毎日ではあったが、最初の2〜3日は枕が変わったこともあってか時差ボケ的なダルさがあったがそれもすぐに解消した。

 


私たち夫婦の仕事としては4歳半になる子供の保育園への送迎と家事全般で、空いた時間は近所の散策のウォーキングで毎日一万歩近い数字になっていた。
毎日昼過ぎはウォーキングタイムで近くを流れる多摩川沿いを歩いたり、少し離れた深大寺や調布空港へ行ってみたりと周辺地域を歩き回った。高尾山も行ってみたかったのだが時間的な制約があってならなかったが、機会があれば是非訪れてみたいスポットでもある。

深大寺

 


第一子は保育園に通っていて、その保育園は英語教育に力を入れているとかでネイティブの講師がレッスンをしているのである日の午後授業参観をさせてもらった。自宅でも英語教材に囲まれた生活をしていることもあってか、目を輝かせて授業を受けていた。

 


何とか十日間を乗り切って最低限の課題を果たしたが、長女の様子からすればもう数日補助した方が良いようにも思えたが、帰阪翌日から健康診断や通院のスケジュールが入っていたため14日に自宅へ帰った。

 


孫達の顔を見ていると飽きることはないし、産まれたばかりの赤ちゃんと4歳半を比較すればその成長の過程が実感できて嬉しい限りである。