読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地中海クルーズ


YouTube: 卒業写真(地中海クルーズ)

2012年3月末に大学卒業後勤務していた会社を退職しました。

その半年後の10月に退職記念に地中海クルーズへ行ってきました。

クルーズと言うと我々庶民には高嶺の花と思いがちですが、比較的リーズナブルなツアーもあります。近年クルーズもちょっとしたブームで豪華船からカジュアル船まであり、クルーズ専門の旅行社も数社ありバリエーションも増えてきています。

私達夫婦が利用した船はイタリアのカジュアル船でしたが、イタリア船だけに陽気で肩肘張らずに楽しく、ちょっぴりエグゼクティブに非日常のひとときを過ごすことができました。

関空からドバイ経由でヴェニスへ行き、ヴェニスから七泊八日でエーゲ海アドリア海を巡りヴェニスへ戻るツアーでした。クルーズの基本は夜移動し昼間は寄港地での観光の繰り返しになります。ちょうど移動するホテルに泊まり毎日日帰りツアーと言ったところでしょうか。

寄港地の中ではサントリーニ島(表紙写真)が最も印象に残っています。紺碧の海に白壁と青いドーム屋根、透けるような空の青さ、乾いた空気に強い日差し・・・

旅行中持参のコンパクトカメラで撮った写真を編集しスライドムービーに仕上げました。

今回の旅行は私にとっては一種「卒業旅行」のような意味合いを持っていましたので、BGMには山本潤子さんの「卒業写真」を入れています。

旅行後すぐに同様の写真でネットオーダーのオリジナルアルバム(印刷)は作りましたが、ムービーは作成していなかったので今回作成してみました。まあクルーズなどは二度と経験することもないと思いますので記念の意味を込めてですが(~_~;)

余談ですが、在職中海外出張も結構経験しイタリアも10回近く行ったと思うのですが、プライベートでの海外はやはり気楽でいいものです。経費を使った分結果を出さねばとの思いも必要ないし、報告の必要ありませんので。あるのはデジカメのデータ管理とカード決済の確認ぐらいです。

ただ、クルーズの前に春台湾へ旅行したのですが、帰国の際台北の空港のキャセイの待合室にいたところ、直前まで勤めていた会社の社長や貿易担当者・元部下等数名と出会った時は驚きました。同じ便で関空に到着し空港で彼らと「お疲れ様でした」とお互いに分かれた時には、旅行帰りではなく海外出張帰りの気分になってしまい思わず苦笑いをしてしまいました。

ともあれ海外旅行は楽しいものですが、費用もかかりますし、大きな時差のある国は結構疲れてしまいます。

また機会があれば行って見たいとは思いますが、今のところその予定はありません。