読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macな日々 その4

LC630本体・・アップルらしい洗練されたデザイン

Image


Mac購入後根っからのMac信者になってしまいました。

その理由としてはWin対Macのシェアーはともかく、パソコンとしてマイクロソフト社のWindowsがまだMacの後追いでGUIの世界に入りかけの時に、Macは既に独自のMacワールドを構築しており、そのアドバンテージの高さはWinの比ではなかったのと、その当時の所属部署が企画開発部のヘッドという立場であり業務的には、Macの方が適しており会社に申請してMacの導入を図ったことにあります。 それにもう一点Macならではのこだわりの世界とデザイン性にも共感するものがありました。

一度Macの世界へ入り込むとMS-DOSはもちろん、Windowsがシェアーを獲得後も一般業務用はともかく、個人使用としては後戻りは出来なくなっていました。

個人的にMac信者になったのとは裏腹に、紆余曲折はありましたがアップル社の信用や業績は必ずしも芳しくなく、極端な例では信用不安も出る始末でした。またアップル社が買収されるとか、身売りするとか、某企業の傘下に入るとか噂はいろいろありました。その頃まことしやかに流れた噂の中に、その当時絶好調のソニーが買収するというのがありました。アップル社のブラウン管は一斉を風靡したソニートリニトロンブラウン管を使っていましたので、そのような噂も出たようですが真偽のほどは不明です。ただソニーもパソコンに何かしらの意図を持っていたことは事実のようです。後年WindowsパソコンVAIOを販売したのもその延長戦ではと思っています。個人的にはソニーがアップル社を買収すればさらに独創的なマシンが出るのではと密かに期待していました。

その頃スティーブジョブズは既に追放されアップル社にはおらず、TOPも何人か変わりましたがアップルとしての方針がその都度変化しベクトルが一定でなかった気がします。