読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年間100冊読破 達成 その1

年間100冊読破達成 その1

三年程前のある時、ふと思ったのが「1000冊の本を読もう!」だった。

年間100冊のペースで読めば10年で達成できると。

その5〜6年前から年間50冊(週一冊のペース)程度の本は読んでいた。それ以前はたまにビジネス書を読む程度で読書に親しむことは子供時代以降あまりなかったのが事実だ。

思い起こすと小学校高学年時にクラスのマドンナが読書好きで学校の図書室から本を借りて読んでいたのを覚えているが、それを真似たわけではないがマドンナほどではないにしても本を借りて読んでいた。当時読んでいたのは子供らしい冒険物などが好きで「15少年漂流記」「ロビンソンクルーソー」「ファーブル昆虫記」「孫悟空」「ヤン坊ニン坊トン坊」といったタイトルが思い出せる。しかし中学以降は必要に迫られて本を読む以外は読書好きとは言えなかった。

それが年間50冊程度の読書家になったきっかけというのが、あまり大したことではないが、通勤の途中習慣的に日経新聞を読んでいたのだが、それが何か味気なく思い始めてある日やめてしまった。そして代わりに読み始めたのが小説で、その時以来歴史小説、時代小説を読み続けている。一日約2時間の通勤時間や昼休みに読むと概ね一週間に一冊読むペースとなりそれが定着し、ルーチンワークになってしまいそれから5年程経過したのが3年前だった。

時間的な余裕ができたので、三年前年間50冊ペースをさらに上げて年100冊(週二冊ペース)×10年=1000冊にあげようと思ったのだが、余り読書ペースが伸びずに二年が経過した昨年初頭に再度思い立って精力的に読み始めた結果、12月末日現在で108冊読破となった。

この三年ほどは市の図書館を利用している関係で読んだ本の日付、タイトル、作家、出版社、簡単なあらすじなどをExcelで一覧にして保存している。以前は書店で買っていたので現物が目の前にあるので覚えられたが、図書館利用の場合百冊単位に読んでしまうと、以前読んだことを忘れダブって借り入れる現象があったので、必要に迫られ「読書録」としてデータベース化した。更にそれ以前の5年ほどの間に購入して読んだ約250冊も既読分として一覧化し、図書館ではiPadでその一覧を確認しながら新規の借り入れや、予約に利用している。

その「読書録」には図書館通いし始めた後のある一定期間の記録が漏れているが、それでも購入した分で250冊、図書館通いで約200冊、合計450冊をこの8年間ほどで読んだことになっている。

但し「1000冊読もう!」と思い立って後では200冊なのでまだまだ先は長い。

Image


続く・・